セルフ・コンパッション · マインドフルネス · ワークショップ

One-Day Mindfulness & Self-Compassion Workshop | マインドフルネス&セルフ・コンパッション一日講座

このワークショップは、マインドフルネスと心理療法の統合分野のリーダーであるクリストファー・ガーマー博士と、セルフ・コンパッション分野の研究開拓者であるクリスティン・ネフ博士によって作られた、マインドフル・セルフ・コンパッション・プログラム (MSC) をご紹介するワークショップです。

MSCはマインドフルネスとセルフ・コンパッションを合わせたスキルであり、感情的に立ち直り、精神的にもより健康的な毎日を過ごすことができるようになる、そのような力を育む方法を学ぶプログラムです。マインドフルネスは、まず困難な感情と向き合う、それが癒しへの最初の一歩「受け容れ」です。好奇心と開かれた精神をもって、不適当であったり、悲しみや怒り、混乱というような困難な思いや感情と向き合って、認め、受け入れることが出来るようになります。セルフ・コンパッションは、このような困難な思いや感情に対して、優しさと思いやり、そして理解をもって応答することにつながります。そして、私たちが傷ついている時に、自分自身を鎮めて楽にすることが出来るようになります。

親しい友人が苦しんでいる時には、相手を思いやる気持ちが芽生えます。自分が必要とする時に、同じような思いやりを受けることが出来たとしたら、どんな感じがするでしょうか?必要な事は、思いやりを向ける方向を変えるということだけです。自分自身も、思いやりを受け取ってよい人間の一人なのだということを認められればいいのです。

セルフ・コンパッションは精神的健康を大いに増進すると、研究結果は示しています。また幸福感を増大させ、不安や抑うつを軽減し、そして食習慣や運動といった健康的な生活習慣を維持することを助けます。

気づきと思いやりを持つことが、私たちをより良い日常生活に導いてくれるようになるのです。

MSCを学ぶことは誰にでも出来ます。MSCは、特に私たちが苦しみの中にある時に、繰り返し希望を呼び覚ます練習です。私達みんなが幸せで、苦しみなく生きられますようにという、希望を育てるということです。

このワークショップであなたが学べること:
・困難な感情と向き合い、より簡単に扱う方法
・自己批判ではなく、励ますことによって自分のやる気を高める方法
・マインドフルネスとセルフ・コンパッションの練習
・マインドフル・セルフ・コンパッションの背景
・あなた自身が自分自身の最良の教師となる方法

ワークショップでは、セルフ・コンパッションを直接体験するエクササイズ、瞑想、 講義とディスカッションが行われます。どなたでも参加していただけますが、マインドフルネス瞑想やプラクティスの経験があると、より深い体験をされると思います。

日時:2017年11月4日(土)午前9時30分~午後5時(受付開始午前9時)(予定表
場所:ThinkSpace鎌倉 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2-10-21 江ノ島電鉄 稲村ヶ崎駅 徒歩5分
費用:12,000円
講師:ハースのり子 & 松本まきこ

お申込み:オンライン上でお申し込みください