MBSR Certification Program at UCSD |講師認定プログラム

カリフォルニア大学サンディエゴ校マインドフルネス・センター
マインドフルネス・ストレス低減法コース講師認定プログラム

MBSRを学び教えたいという方のために、認定講師になるまでの道のりを簡単にご説明いたします。

認定講師プログラムには2つのステップがあります。最初のステップがQualified Teacher(資格講師)、そして次にCertified Teacher(認定講師)です。

資格講師になるためには2通りの道のりがあります。(参考チャートもご覧ください。)

6日間MBSR講師養成トレーニングへ参加する場合

  • 8週間のMBSR受講、または5日間のNavigating Life’s Challenges (NLC) 受講
  • 5-7日間のマインドフルネス・サイレント・リトリート参加
  • 2回の8週間MBSRを教える(この際、メンターと22回のメンターシップセッションを行う必要あり)メンターシップリストはこのページ参照。)
  • 資格講師申請レターを提出
  • メンターからの推薦レターを受理

9日間MBSR講師養成実習トレーニングへ参加する場合
(9日間MBSR講師養成実習トレーニングは5日間NLCと4日間実習プログラムとなります。)

  • 8週間のMBSR受講
  • 5-7日間のマインドフルネス・サイレント・リトリート参加
  • 2回の8週間MBSRを教える(この際、メンターと22回のメンターシップセッションを行う必要あり)メンターシップリストはこのページ参照。)
  • 資格講師申請レターを提出
  • メンターからの推薦レターを受理

認定講師になるためには

引き続き5回の8週間のMBSRを教える(この際少なくも10回のメンターシップセッションを受ける必要あり)

  • 5-7日間のサイレント・リトリート参加
  • 5日間のAdvanced Teacher Training受講(このAdvanced講師養成トレーニングに参加するためには必須事項があります。このページ参照。)
  • 瞑想、ボディスキャン、マインドフルムーブメントなどの、音声かビデオ録画提出
  • 認定講師申請レターを提出

この認定講師プログラムは2015年に始まった大変新しいプログラムです。MBSRが生まれてから35年以上も経ち、「認定」されずに教えているベテランの講師たちは、特にアメリカには大勢いらっしゃいます。MBSR資格講師、認定講師になるには、大変長い道のりですので、焦らずに自分自信のプラクティスを続けて、深めながら、進んでいくことが大切です。

(トレーニング開催予定についてはお問い合わせください。noriko.harth@gmail.com)